即効性の高いレビトラに注目 > レビトラは用量違いのものが販売されています

レビトラは用量違いのものが販売されています

レビトラには5mgと10mg、20mgと3種類の錠剤が存在します。
一般的な病院では10mgか20mgの錠剤を使用してED治療が行われています。
用量が多いほどペニスを強く勃起させることができます。5mgの錠剤は効果が弱いためあまり使用されていません。
10mgや20mgの錠剤をピルカッターで割って使用すると、自分に合った用量に合わせることができます。
レビトラは性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが基本です。空腹時に服用すれば、用量に関わらず約20分でペニスが勃起します。
レビトラの血中濃度は服用後約45分で最大になります。
血中濃度の高まりに伴いペニスを勃起させる強さも増すので、性行為の1時間前に服用するのが理想的なタイミングです。
レビトラの効果は10mgが約5時間、20mgだと約10時間にわたって持続します。
ペニスを勃起させる効果の強さは用量が多くなるほど増しますが、同時に副作用も強くなります。
最初は10mgから試して、徐々に用量を増やすのが合理的な服用方法です。
レビトラは有効成分のバルデナフィルが血管を拡張して血流を促進します。
海綿体への血流が増えてペニスが勃起する仕組みです。血管が拡張されると血圧が低下するため、軽いめまいを生じることがあります。
また血流の促進により頭部や鼻の粘膜、消化管などが充血します。そのため頭痛やほてり、鼻づまり、消化不良などの副作用が起こる場合があります。
レビトラは即効性があるED治療薬ですが、副作用も現れやすいのが特徴です。ただし副作用は基本的に軽いので問題はありません。
レビトラの副作用は、服用したED患者の9割以上に現れます。
用量が多いほど副作用の強さも増しますが、基本的に症状は軽いので安全にED治療ができます。
脳や心臓、肝臓などに重大な障害がある場合には、医師の指導を受ける必要があります。
病院でレビトラの処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgは約1800円です。
さらに診察料などの諸費用がかかるため、総合的な費用は1錠あたり約3000円になります。
ED治療は自由診療なので、基本的に高額な費用が必要です。薬代は病院によって違いがあります。
病院で20mgの錠剤の処方を受けて、半分に割って使用すれば10mgあたりの費用は約900円です。
10mgの錠剤を処方してもらう場合よりも600円ほど安くなります。
また用量を少なくすれば副作用が軽くなるので、体への負担を軽減できます。

大用量のレビトラを割って使うのが1番お得です

レビトラはドイツの製薬会社によって開発され、日本では2004年に承認されました。
5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、多くの病院では10mgか20mgを使用してED治療を行なっています。
レビトラ1錠あたりの価格は10mgが約1500円、20mgが約1800円と高額です。
20mgの処方を受けてピルカッターで半分に割れば、費用を抑えることができます。
病院で10mgの処方を受ける場合には1錠あたり約1500円も必要ですが、20mgを半分に割れば10mgあたりの価格は約900円になります。
日本の病院で扱っているレビトラは主に10mgと20mgの錠剤です。
5mgの錠剤も正規に製造されていますが、効果が弱いためあまり使用されていません。
しかしED治療薬の効果や副作用は個人差があるので、5mgの錠剤が最適な場合もあります。
20mgや10mgの処方を受けて5mgに割って使用すれば、費用を抑えられるだけでなく副作用も軽くできます。
最初は少ない用量から試し、それぞれの体質に合わせて徐々に増やすことで最適な用量を探すことが重要です。
レビトラはドイツの製薬会社によって開発されました。そのため体格が小柄な日本人には効果が強過ぎる場合もあります。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、即効性があり短時間で強力にペニスが勃起します。
10mgの錠剤でも十分にペニスを勃起させることができます。自分の体質に合った用量を選ぶことが重要となります。
レビトラは病院で処方を受ける以外に海外から個人輸入することも可能です。
個人輸入する場合には、10mgも20mgも1錠あたり約1400円で購入できます。
海外から医薬品を個人輸入するには複雑な手続が必要です。インターネット上には様々な個人輸入代行サイトが存在します。
複雑な手続を代行してくれるので、誰でも簡単に医薬品を輸入できます。
個人輸入代行サイトでは一定数以上をまとめ買いすると、価格が安くなる場合もあります。
レビトラの20mgは1錠あたり約1300円で購入することも可能です。
20mgの錠剤を1錠あたり約1300円で購入し、半分に割った場合には10mgあたり約650円になります。
病院でレビトラの処方を受けて割って使用すれば、費用を抑えることができます。
さらに海外からレビトラを個人輸入すれば、大幅に費用が下がります。
病院で処方を受ける場合には診察料などが必要ですが、個人輸入する場合は不要です。
海外からレビトラを個人輸入し適当な用量に割って使用すれば、少ない費用でEDを治療できます。